高く売りたい方
(仲介売却)

高く売りたい方は
「仲介売却」を
ご検討ください

大切な資産を手放すのですから、「できるだけ高値で売却したい!」とお考えになるのは当然のことです。高値での売却を最優先に考える売り主様は、ぜひ仲介売却をご検討ください。各務原市・岐阜市で不動産売却を行うアーム株式会社では仲介売却に対応しており、各務原市において仲介売却の実績は地域No1! 各務原エリアを熟知した的確な売却活動で高い成約率を誇ります。仲介売却をご検討の方はぜひ当社までご相談ください。

買い主様と売り主様をつなぐ
仲介売却

買い主様と売り主様をつなぐ仲介売却

売り主様が不動産会社に依頼して、土地や家の売却を行うことを「仲介売却」といいます。売主様から依頼を受けた不動産会社は、売り主様と買い主様の仲介役となり、不動産査定から チラシやインターネットなどによる売却活動、購入希望者への販売プランの提示、内見対応、契約書の作成、売買契約締結、引き渡しなど不動産取引にかかわるあらゆることを、売り主様の代わりに行います。

仲介売却が適しているケース
売却を急いでおらず、高値での売却を優先したい

仲介売却では、不動産会社は売り主様の希望する価格で売却活動を行い、多少時間がかかっても条件に合う買い主様を見つけることに努めます。そのため、時間に余裕があり少しでも高い価格で売却することを希望される方には、仲介売却がおすすめです。なお、売却を急いでいる場合には、不動産買取を検討されたほうがよいでしょう。

魅力的な不動産で人気が高い

立地がよい、物件の価値が高いなど買い主様にとって魅力的な不動産は、人気が出るため多くの購入希望者が現れる可能性があります。そのため、「多少高くても購入したい」という購入希望者が集まりやすく、強気の料金設定が可能になります。

仲介売却を選択すると売り主様にとってどのようなメリットがあるか

仲介売却を選択すると売り主様にとってどのようなメリットがあるか

仲介売却の最大のメリットは、「不動産買取よりも高い金額で売却できる」という点です。不動産会社が提示した査定額を参考にしますが、売却価格は売り主様自身で決めることができ、高値での売却が期待できます。また、売却活動や購入希望者との条件交渉などはすべて仲介役となる不動産会社が行ってくれるので、手間や面倒がありません。

ただし、売却できるかどうかは買い主様次第になるため、売却までのスケジュールは読めず時間がかかってしまう場合もあります。また、購入希望者の内見の準備や立ち合いなどを行う必要があり、売買契約が成立した際には不動産会社に仲介手数料を支払わなければいけません。

絶対に知っておいたほうがいい、REINS(レインズ)の仕組みと機能

絶対に知っておいたほうがいい、REINS(レインズ)の仕組みと機能

不動産売却を検討されているならぜひ知っておいていただきたいのが、「REINS」(レインズ)についてです。REINSとは、「Real Estate Information Network System」の略称で、不動産物件情報交換のコンピュータネットワークシステムのことです。国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しており、REINSには全国の不動産会社が加入しています。                          

REINSを利用することで、ネットワーク上で現在売出し中の全国の不動産情報を検索・閲覧することができます。売り主様から売却を依頼された不動産会社はREINSに物件情報を登録しておけば、不動産業界全体で購入希望者を探すことができ、より早く購入希望者を見つけることができます。当社はレインズに加入していますので、安心して仲介売却をお任せください。

仲介売却にはいろいろな契約の仕方があります

不動産会社に仲介売却を依頼する場合、売り主様と不動産会社の間で「媒介契約」というものを結びます。媒介契約では、どのような条件で売却活動を行い、売買契約が成立した際の報酬はいくらなのかといったことを定めて契約を取り交わします。事前に媒介契約を結んでおくことで、仲介サービスに対するトラブルや手数料に対するトラブルを未然に防ぐことができます。

媒介契約には以下の3種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  メリット デメリット
一般媒介契約 契約できる不動産会社の制限がなく、何社とでも媒介契約を結ぶことができます。また、売り主様自身が見つけた購入希望者と契約することもできます。 不動産会社がREINSへ登録する義務はなく、買い主様へ販売状況を報告する義務もありません。契約期間は3ヶ月以内となります。
専任媒介契約 不動産会社は媒介契約締結後7日以内にREINSへ登録する義務があり、売り主様へ14日に一度以上は状況を報告する義務があります。また、売り主様自身が見つけた購入希望者と契約することもできます。1社のみの契約となるため、不動産会社は責任感を持って売却活動を行ってくれる可能性が高まります。 契約できる不動産会社は1社のみです。不動産会社頼みになってしまう可能性があります。
専属専任媒介契約 不動産会社は媒介契約締結後5日以内にREINSへ登録する義務があり、売り主様へ7日に一度以上は状況を報告する義務があります。1社のみの契約となるため、不動産会社は責任感を持って売却活動を行ってくれる可能性が高まります。 契約できる不動産会社は1社のみです。また、売り主様自身が見つけた購入希望者と契約することはできません。不動産会社頼みになってしまう可能性があります。

どうしても売れなかった場合でもお気軽にご相談ください

仲介売却では、売れ残るリスクや売れるかどうかの不安を抱える買い主様は少なくありません。仲介売却で一定期間売却活動を行ったにも関わらず売却に至らなかった場合でも、お気軽にご相談いただければ売却方法についてアドバイスが可能です。売れ残ってしまい、いつまで経っても不動産を現金化できないというリスクや心理的な不安を解消しましょう。

基本的な仲介売却の流れをおさらいしておきましょう

【1】エリア相場の確認

売却価格に大きく影響するのが、立地・エリアです。エリアごとに売れる価格帯というのはほぼ決まっており、そこから大きく外れた価格設定にすると売れ残ってしまう可能性が高くなります。まずは、所有されている家や土地のエリアの売却価格の相場を把握しておきましょう。

不動産の相場を調べるためには、以下のサイトをご参考にしてください。

国土交通省の提供データ

【2】売却相談・不動産査定・売り出し価格決定

専門家の話を聞いてみると、より不動産売却について理解することができます。不動産取引の流れや必要な経費、税金のことなど分からないことがあれば不動産会社の担当者に聞いてみましょう。

また、実際どのくらいの金額で売却できるのか把握するために、不動産査定を不動産会社に依頼しましょう。この際のポイントは、複数の業者に査定を依頼することです。査定額とその根拠についてしっかり説明を受け、納得した返答が得られる不動産会社なら安心です。

【3】媒介契約の締結

仲介売却をすることを決定したら、不動産会社と媒介契約を結びます。媒介契約には3種類あり、どの契約形態を選ぶかは売り主様の判断になります。各契約内容をきちんと確認した上で最適なものを選択しましょう。

【4】売却価格決定・媒介契約締結

査定額をもとに、最終的にお客様自身で売却価格を決定していただきます。また、不動産会社と媒介契約を結びます。媒介契約は3種類あり、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介」からお客様自身でお選びください。事前に当社から各契約形態の特徴についてわかりやすくご説明します。

【5】売却活動開始・条件交渉

媒介契約を締結したら、いよいよ売却活動スタートです。不動産会社がさまざまな手法で営業活動を行い購入希望者を探してくれます。購入希望者が現れたら、物件の引き渡し時期や価格、代金の支払い方法などを取り決める条件交渉です。不動産会社が買い主様の代わりに購入希望者と話し合いを行います。この期間中、売り主様は購入希望者から問い合わせに返答したり、内見の希望があれば対応したりします。購入希望者の購入決定に大きな影響を与えるのが、内見時の印象です。事前に掃除・整理整頓を行い、購入希望者を迎え入れる準備をしておきましょう。

【6】売買契約

売買条件に関して相互に合意が得られたら、いよいよ契約です。売買契約は、仲介する不動産会社・売り主様・買い主様の3者がそろって行います。契約を結ぶ際には、不具合や欠陥についても確実に伝え、家具などの備品を残すか撤去するかといったことも確認しておきます。売り主様と買い主様の間で売買契約書を取り交わし、売買契約が成立します。この際、買い主様から売り主様へ手付金が支払われます。手付金は、売却価格の10~20%に設定するのが一般的です。

【7】代金授受・物件引渡し

買い主様から代金の残金を受け取り、売り主様は抵当権の抹消や所有権の移転といった登記申請を行います。引き渡し日にカギを渡し、取引は完了です。

【8】譲渡税の納付

不動産売却により利益が出た場合、所得税と住民税が発生します。売却した翌年に確定申告をして申請します。