不動産を早く売りたい(不動産買取)

早く売りたい方は「不動産買取」をご検討ください

「住み替え先が決まっている」「すぐに手元に現金が必要」といった場合などでは、早急に不動産を売却したいとお考えになることでしょう。早期売却を最優先に考える売り主様は、ぜひ不動産買取をご検討ください。

各務原市・岐阜市で不動産売却を行うアーム株式会社では不動産買取に対応しており、売却に伴う面倒な各種手続きも当社がまとめて代行させていただいています。不動産買取をご検討の方はアフターフォローも充実している当社にぜひお任せください!

すぐに家や土地を売りたいときに有効な不動産買取

すぐに家や土地を売りたいときに有効な不動産買取

不動産会社に不動産を直接買い取ってもらうことを「不動産買取」といいます。仲介売却の場合イチから購入希望者を探さなければいけませんが、不動産買取は不動産会社が買い主となるため売却活動の必要がなく、すぐに不動産を処分して現金化することができます。購入希望者が現れるのを待つ必要がありません。

ただし、仲介売却と比べると売却価格は下がってしまいます。その理由は、不動産会社は買い取った物件をリフォームや建て替えなどを施し、売却活動を行った上で再販売するためです。リフォームや建て替えなどの費用や宣伝費などのコストがかかってしまうため、その分売却価格が下がってしまうのです。

不動産買取を選択する理由はこちら

仲介売却と比べると売却価格は下がってしまうものの、不動産買取には数多くのメリットがあります。

1.なんといっても仲介手数料がかからない

仲介売却の場合、売買契約が成立した際には、不動産会社に仲介手数料を支払います。仲介手数料の金額は、「成約価格×0.03+60,000」となりけっこう高額です。不動産買取では、仲介手数料が発生しません。

2.すぐに売却できる

不動産買取の場合、売却先は不動産会社です。イチから購入希望者を探す必要はなく、売却価格に合意できればすぐに買取が決まります。仲介売却の場合、売買契約成立までに約3~6ヶ月かかりますが、不動産買取の場合数日で契約完了することもあります。

3.瑕疵担保責任が免除される

通常不動産を売却する際には、売り主様には瑕疵担保責任が発生します。瑕疵担保責任とは、売却後、不動産に何らかの欠陥が見つかった場合、売り主様が補償しなければならないというものです。不動産買取の場合、瑕疵担保責任は免除されます。

4.売却時の手間が省ける

仲介売却の場合、購入希望者が現れるたびに内見対応をしなければいけません。内見にあたり掃除や整理整頓をするなど、時間と手間がかかります。不動産買取であれば、内見対応は必要ありません。

基本的な不動産買取の流れをおさらいしておきましょう

【1】売却相談

不動産売却には、不動産買取の他に仲介売却などさまざまな売却方法があります。それらを知った上で、不動産買取を選択するかどうか判断しましょう。専門家の話を聞いてみると、より不動産売却について理解することができますので、まずは不動産会社に相談してみましょう。

【2】不動産査定

実際どのくらいの金額で売却できるのか把握するために、不動産査定を不動産会社に依頼しましょう。提示される金額は、買取する場合の価格です。なお、仲介手数料はかかりません。

【3】不動産会社と買取の契約締結

買取額に納得したら、買取契約を不動産会社と結びます。売り主様のご都合に合わせて引き渡し日時を決めます。

【4】引き渡し/代金の授受

契約が完了したら、不動産会社から代金が支払われます。その後カギをお渡しいただき、売却完了です。