お客様からよくあるご質問

よくあるQ&A

こちらのページでは、各務原市・岐阜市をメインに不動産売却を行うアーム株式会社がよくいただくご質問とその回答を掲載しています。不動産売却に関する疑問があれば、まずこちらをチェックしてみましょう。

不動産売却
(仲介・買取・相続・任意)
全般について

Q売却を依頼する前に準備しておいたほうがよいものはありますか?
A

できるだけ物件に関する情報を集めておくと、不動産会社とのやりとりがスムーズです。できる範囲で構いませんので、以下の書類を用意しておきましょう。

  • 登記済証(権利証)または登記識別情報
  • 購入時の不動産売買契約書
  • 間取り図面
  • 土地の測量図面
  • 購入時のパンフレット など
Q売却前にリフォームしたほうがいいですか?
Aリフォームをしても、リフォーム代金を売り出し価格にそのまま上乗せすることはまずできませんので、現状での売却を考えていただいたほうがよいでしょう。ただし、築年数が古い物件や汚れが目立つ物件の場合、リフォームしたほうが購入希望者が早く見つかったり、希望価格で売却できたりする可能性があります。リフォームすべきかどうかは、当社担当者にどうぞご相談ください。
Q現金が必要です。急いで売ってもらえますか?
A「期限内に売却しなければいけない」「早く手元に現金がほしい」という場合には、不動産買取を選択されるとよいでしょう。不動産買取では、不動産会社が提示した買取額にご納得いただければすぐに売却して現金化することが可能です。

>不動産買取の詳細はこちら

Q住み続けながら売却活動をすることは可能ですか?
Aはい、可能です。多くの売り主様が住み続けながら売却活動を行っています。ただし、購入希望者から内見の申し出があった場合には、ご協力をお願いします。
Q仲介売却を検討していますが、売れ残ってしまわないか不安です……。
A仲介売却で一定期間売却活動を行ったにも関わらず売却に至らなかった場合でも、お気軽にご相談いただければ売却方法についてアドバイスが可能です。売れ残るリスクや心理的な不安を感じることなく売却しましょう。

不動産の査定に関すること

Q不動産査定の「簡易査定」と「現地査定」について教えてください。
A 不動産査定には、主に「簡易査定」と「現地査定」の2つがあります。簡易査定は、現場に訪問せず、周辺の市場相場や不動産基礎データなどを参考におおよその査定額を算出します。現地査定は、実際に現場に伺い物件の状態やリフォームの有無、近隣環境を調査した上で、周辺の市場相場や不動産基礎データなどを考慮して正確な査定金額を算出する方法です。売却することを決定した場合、売り出し価格を決める前に必ず現地査定を行う必要があります。
Q査定額で売却しなければいけませんか?
Aいいえ、必ずしも査定額で売り出す必要はありません。実際の売却価格はお客様自身に決定していただきます。ただし、査定額は市場に出したら売却できるであろう価格をご提示しているため、査定額とかけ離れた売却価格にしてしまうと、いつまで経っても売れないというリスクが生じてしまいます。売り出し価格のご相談も承りますので、お気軽にお申し付けください。
Q本人名義以外の不動産査定も依頼できますか?
Aいいえ、名義人の方以外からの不動産査定のご依頼は原則お引き受けできません。ただし、ご依頼の不動産を売買する権利をもつ方か、名義人から査定のご依頼を受けている方は可能となります。

不動産を売却する際にかかる費用や税金について

Qいつから費用はかかりますか?
A 仲介手数料は成功報酬ですので売買契約が成立したら発生します。物件をお預かりしたり売却活動期間は無料です。
いつから費用はかかりますか?
Qいつ売却代金をもらえますか?
A 売却代金は、契約時と引き渡し時の2回に分けて支払われるのが一般的です。契約時には手付金、物件の引き渡し時に残金が支払われます。支払方法や時期の詳細は当社担当者に直接お問い合わせください。
Q不動産売却では、どのような費用がかかりますか?
A売買契約書に貼付する印紙代や、抵当権抹消手続きにかかる費用、税金、仲介手数料などです。また、それ以外にも売り主様の状況や不動産の状態によって、引っ越し費用や解体費用、リフォーム費用などが発生することもあります。

≫不動産売却の主な費用はこちら

Q売却を中止しても仲介手数料はかかりますか?
Aいいえ、仲介手数料は成功報酬です。売買契約が成立した場合のみ発生しますので、売却を中止した場合はお支払いの必要はありません。